AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

複数の図面ファイルを一括バージョンダウン・アップ保存したい

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン

AutoCADの図面ファイルには“ファイルバージョン”があります。チームで設計する際に異なるバージョンのAutoCADが混在する際に図面ファイルを保存する際のファイルバージョンに注意しなくてはなりません。


上記の表にあるように常に新しい製品を使っているユーザは良いのですが、下位バージョンの製品を使っているユーザは自身の製品に合わせて図面ファイルのバージョンを下げてもらう必要があります。
数枚程度の図面であれば一枚ずつ開きバージョンダウンして保存を繰り返せば数分の作業で済みますが、大量の図面ファイルを保存しなおすとなると手間のかかる作業になってしまいます。
そこで、複数枚の図面ファイルの一括変換を行う場合にはautodesk社が公開しているDWG TrueView(フリー)を使用します。変換対象となる図面ファイルを複数選択し、変換後のファイルバージョンを指定して一括変換が行えます。


また、この機能はAutoCAD 2012から[DWG変換](DWGCONVERT)コマンドとなり標準機能として搭載されました。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP