AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

背面にある図形を破線で表現したい

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


AutoCAD及びAutoCAD LTでは図面を3Dで作成することができます。3Dとして作成された図面を隠線処理する際に背面にある図形を指定した線種で表現させることができます。


システム変数と呼ばれるAutoCADの特定コマンドの動作をコントロールする設定に【OBSCUREDLTYPE】というものがあります。このコマンドを直接コマンドラインに入力し[Enter]キーを押します。(大文字、小文字どちらでも構いません)システム変数値の新しい値を求められます。新しい値を表現したい線種番号に変更し[Enter]キーを押します。システム変数値を変更したことにより、【隠線処理】、【シェーディングモード】中に隠線部分の表現が行われます。

■ システム変数[OBSCUREDLTYPE]

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP