AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

Defpoints画層の用途って?

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


図面作業を進めていくといつのまにか作成されているDefpoints(正式には“definition points”)画層。この画層は寸法オブジェクトを記入すると自動的に作成されます。
この画層には寸法オブジェクトの定義点が作成されます。定義点はAutoCADのシステムが必要とする情報が書き込まれるため図面上では特に意味を持ちません。このような理由からDefpoints画層は印刷されないように設定されています。
この特徴を活かし補助線(下書き線)の作成に用いるユーザが多く居ます。ですが、このような観点からすると補助図形はDefpoints画層ではなく別途「補助線」などの名称で画層を分けた方が良いかもしれません。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP