AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

線種がうまく表現できない

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


AutoCADは無限に広がる空間に図面を実寸で作図します。その他の一般的なCADソフトは“紙の上”で図面を縮小(拡大)して作図を行います。
例えば建築物の図面を作成するとします。図面内で点線を表現しようとすると“1mmピッチの点線”は紙のサイズで見ればきれいに表示されますが、実寸で作図しているAutoCADの作図環境では建築物のような紙よりもはるかに大きいサイズの図面に対して1mmピッチで点線を表示されても細かすぎて画面上では確認しづらくなってしまいます。(拡大表示してようやく確認することができる程度)
AutoCADは大きな図面、また小さな図面によってそれぞれのサイズに合わせて線種尺度をコントロールする必要があります。
[線種設定](LINETYPE)コマンドを実行すると線種管理ダイアログが開きます。[詳細を表示]ボタンをクリックするとダイアログの下部に詳細スペースが表示され、グローバル線種尺度という項目が見つかります。このグローバル線種尺度の項目で図面のサイズに合わせて図面全体の線種尺度をコントロールします。
この“グローバル線種尺度”は現在の図面における作図単位(“フィート/インチ”、“メートル”)によって考え方が違うという事も合わせて説明します。作図単位によってロードされる線種定義ファイルが異なるという事を『同じサイズの図面のはずなのに、図面ごとに『グローバル線種尺度』『ハッチング尺度』が異なっている』で説明していますが、線種定義ファイルが異なればグローバル線種尺度の考え方も変わりますので、それらに注意しながら以下に示す考え方でグローバル線種尺度の値を設定してください。

■ 作図単位が『フィート/インチ』の設定例(※参考値)

■ 作図単位が『メートル』の設定例(※参考値)

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP