AutoCAD TIPS

※CAD操作に関して、当社の稼働中スタッフ以外のお電話やメールによるご質問は受け付けておりません

バックアップコピー(.bak)と自動保存ファイル(.sv$)の違い

[ Answer ]
対象バージョン:全バージョン


バックアップコピーと自動保存ファイルを同じものと勘違いされている方が多くいます。バックアップコピーは編集した図面ファイルを上書き保存した際に「上書き保存する前の状態(編集前の状態)」として作成されます。上書き保存を繰り返し実行するとバックアップコピーもその都度更新されていきます。


バックアップコピーは図面ファイルと同等のファイル容量となりますので、整理しないでいると使用しているパソコンのHDDの空き容量が圧迫されてしまいます。バックアップコピーが不要なら、オプションダイアログボックス[開く/保存]タブ内のファイルの安全確保の項目にある「保存時にバックアップコピーを作成」のチェックボックスからチェックを外しておきましょう。
バックアップコピーのファイル拡張子“bak”を“dwg”に変更すると図面ファイルとして利用することができます。
自動保存ファイルはAutoCADが異常終了した際に作業途中だった図面を復活させる為のファイルとなります。詳細は「自動保存ファイルを図面ファイルとして使用したい」を参照してください。

<< AutoCAD TIPS メニュー

PAGE TOP